莉音(向山莉帆)のプロフィールをWiKi風にまとめ!すっぴん画像も!彼氏や高校は?

向山莉帆さんのプロフィール(2015年11月現在)

芸名:向山莉帆(むかいやまりほ)☛現在:莉音(りおん)
愛称:りーめろ先輩
生年月日:1997年7月27日(18歳)
出身地:埼玉県
血液型:AB
身長:155cm
体重:40kg
スリーサイズ:B78・W53・H86
靴のサイズ:24cm
趣味:ショッピング、おいしいものを食べること
特技:テニス、炭酸一気飲み、自撮り、ツイッター

所属事務所:avex

Twitter

女性向けファッション雑誌「Ranzuki」の読者モデル(現在は辞めています)。

2015年に開催された「エイベックス サンシャイン グラビア オーディション」でグランプリを受賞。

11月20日に青年漫画雑誌「ヤングガンガン」No.23の巻末で初グラビアデビューを果たします。

莉音さんのルックスから異性のファンは多いですが、同性からもメイクの話題等で注目され人気がありTwitterのフォロワーが8万人以上います。

スポンサーリンク

高校はどこなのか?

まず莉音さんが埼玉県に住んでいることが分かっていますが、もう少し範囲を特定しないと探すのは難しいです。

Twitterに投稿されたこちらの画像で、おそらくは特定できるのでは?と思います。

りおん2

りおん

他にもTwitterに投稿された画像から分かると思います。

りおん3
2014年の画像、周りの背景からしてショッピングモールのようです。〇〇学生が屯してそうな場所に心当たりは?

彼氏は?

高校3年生ですのでいると思います、Twitterでは彼氏の事には触れていませんが確実にいるでしょうね。

証拠はありませんので、あくまでも予想です。いないかもしれません。

グラビアで人気が出始めるとTV出演の機会もあります、そうなると週刊誌の記者も莉音さんをマークするはずです。芸能界は真っ黒でイケメンが多いですから自然と彼氏が出来てスキャンダルやスクープ記事に発展します。

失礼な発言ですが、まだ人気はそれ程高くないのでネットに転がっている情報は少ないです。

現在3年生ですから来年には卒業して本格的に芸能活動を始めると思います。問題はそこからですね。今は当分彼氏の情報とかは浮上しないでしょう。

莉音さんのすっぴん画像

ちょっと手が邪魔ですがこちらです。
りおん4

まだ若いですからすっぴんも普通に綺麗ですね。私の感じていることですが若い子が厚化粧するとケバくなります。

すっぴんが一番可愛いく見える年齢なのに、どうして自ら台無しにするのか理解できません。あと目が黒すぎるのも可愛いというよりはむしろ怖いです。目がでかすぎるのも同じです。

りおん6
男性と女性の価値観の問題でしょうね。

グラビアの1枚
りおん5
こちらの方が自然な感じで私は好きです。

皆さんはどちらが好みですか?

モデルプレスのインタビューを受けた際の1枚
りおん7

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額993円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直993円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額993円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスは2週間無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月993円はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする