バカボンのパパの名前は何?年齢はいくつ?職業は何?調べてみました

赤塚不二夫先生の作品には「おそ松くん」や「天才バカボン」など有名な人気作品が多数あります。

生誕80周年を記念してこの度新たにリメイクされたのが、ただいま女性の間で絶大な支持を得ている「おそ松さん」です。

早いところで2016年1月4日の深夜1時35分から2クール目の放送が始まります。

もしかしたら赤塚先生の「おそ松くん」以外の人気作品もリメイクされる可能性も無きにしも非ずです。

キーワードプランナーで月間の検索数を調べてみたら”バカボンのパパ”で検索する人が毎月1万近くあるのに驚きw想像していたより意外と多いです。

現在でも赤塚先生の作品に登場するキャラは様々なところで使われており誰もが知っているからでしょうかね。

スポンサーリンク

バカボンのパパの名前は何?

「天才バカボン」の主人公はバカボンのパパなのですが、タイトルはバカボンに登場するバカボンの家族や天才的にバカなボンボン等の意味があります。

ちなみに初期設定ではタイトル通りバカボンが主人公なのですが、赤塚先生が作品を描いてるうちにパパの方が面白く人気を博し好評だったためにパパに変更したそうです。

パパの素性は赤塚先生の公式サイトに全て記載されています。こちら

漫画でも描かれているパパの名前「田中田フチオ(たなかだふちお)」は単におまわりさんをからかっただけで本名ではありません。

パパの家の表札にもバカボンとあり様々な推測がされていますが、コレは苗字ではないと公式サイトでは否定しています。

一部抜粋

表札に「バカボン」と書いてあるのは、バカボンが迷わないで帰って来られるように、というママのやさしさです。

つまり名前は無いという事になります。公式にも好きに呼んで下さいとありますw以外にもパパが本当の名前かもしれませんw

パパの年齢はいくつ?

これは41歳が通説ですが、公式では「パパもいつまでも41歳なわけではありません。

天才バカボン」の世界では、わたしたちには理解できない不思議な時間が流れていることだけは、確かなようです。つまり歳という概念がわたしたちとは違うようです。

そもそも41歳説はどこから来たのでしょうか?

原作の”バカボンのパパ誕生秘話の回”でパパが昭和元年12月元日のクリスマスの夜と言っています。

昭和元年(1926年)12月25日生まれという事になります更に連載開始が1967年なので41歳と推測できます、アニメのEDでも41歳と歌われています。

つまり、公式を含めて推測すると41歳は作品の話が進むにつれ年を取るということですね。

原作での占い師に年齢を聞かれた時のパパは45歳と言っています。公式の記述通り41歳ではありません、41歳は初期の設定で現在はもっと上という事になります。

漫画でよくあるのが私たちのリアルの時間と漫画の時間は違うということです、リアルでは5年経過しているが漫画の話では5ヶ月しか経過していないとかねw

アニメでのバトルもそうですね、数秒が異常に長かったりしますw公式の歳の概念はこのような意味だと思います。

またよくあるのが年齢のカンストです、これは作品のイメージを崩さないのと後世にも良き漫画を残すための配慮ではないでしょうか。

パパの年齢はある一定で止まっているのかもしれません。

パパの職業は何?

これも色んな推測がされていますが、原作の設定で無職となっています

過去にバカボンは子供向けの番組なのでパパが無職なのは好ましくないという事で、赤塚先生の許可なく勝手にパパの職業を決めたそうですが赤塚先生は激怒したそうです。

パパの職業をあれこれ決め付けるのは作品の冒涜のような気がします。

よく無職=ニートと思われがちですが、日本の厚生労働省や内閣府は15歳以上35歳未満と定めています、35歳以上はただの無職でありニートとは呼びません

高齢ニートとかよく使われていますが日本語としてはおかしいです、恥をかかないためにも覚えといて損はないかと思います。

つまりパパは最低41歳なのでニートではなく無職ですw

原作でもパパは色んな仕事(職業)を経験しますが全てクビになっていますwこれも設定通りでパパは頭は良くないので仕方がありません、失敗を何度も繰り返します。

作品としては面白くないといけないので当然なのかもしれませんね。

最後にお得情報を紹介。

今年の26日から2016年1月15日までの期間限定で「赤塚不二夫笑ップ」がオープンしています。

人気のおそ松さんグッズも販売していますので女性の方はチェックしてみてください、会場は渋谷ヒカリエです。

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額607円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直607円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額607円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスはまる一月無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月607円(税込み)はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

料金が高い理由は、他の動画配信サービスと一味違って漫画や雑誌も読み放題な所がポイントです!

漫画読んで飽きたらアニメ⇒ドラマ・映画⇒雑誌⇒漫画⇒アニメ⇒ミュージック、バラエティ⇒ムフフなアレといくら遊ぶ自由な時間があっても足りないですw

例えるなら漫画喫茶・ネットカフェが自宅で楽しめる感覚満喫と違い時間も料金も気にすることなく遊びつくせます

周りを気にすることなく、うるさい音を立てお菓子を食べながらアニメ鑑賞とか最高ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする