月刊少女野崎くん第2期の可能性は?あるとしたら放送はいつ?

今回は円盤の売上と原作の売り上げから2期の予想をしていきます。

まず「月刊少女野崎くん」の円盤の売り上げはこちら

1巻:合計 15,254枚
2巻:合計 10,688枚
3巻:合計 9,145枚
4巻:合計 8,821枚
5巻:合計 8,935枚
6巻:合計 9,088枚

アニメの続編のボーダーラインの5000枚は突破しています。

続いて「月刊少女野崎くん」が掲載されているのが「ガンガンONLINE」(web漫画)です。

出版社が漫画をアニメ化する一番の目的は原作(コミック)を売るためです。円盤が売れてもコミックが売れなければアニメ制作会社が続編をOKしても出版社はGOサインを出しません。

アニメ化したことによってコミックの売上はどうなったのでしょうか?

正直売れていますw2016年1月だと7巻がオリコンの上位をウロウロしています。累計発行部数は360万部を突破しています、ただこれは6巻までのデータです。7巻は2016年1月で26万7千売れています。400万部も近いです!

1巻:2012年4月20日発売 初動24,660 / 2012年6月10万部突破 / 2014年8月30万部突破

2巻:2012年11月22日発売 初動59,914 / 2週目91,786 / 2014年8月36万部突破

3巻:2013年6月22日発売 初動37,639 / 2週目103,950 / 3週目129,222 / 2014年8月32万部突破

4巻:2014年1月22日発売 初動117,310 / 168,692 / 190,725 / 205,485 / 2014年8月32万部突破 / 4巻発売の時点で累計100万部

5巻:2014年7月22日発売 初動185,392 / 2014年7月25日累計200万部突破(ガンガンのTwitter) / 2014年10月累計250万部突破

6巻:2015年2月21日発売 / スクエニのサイトにて累計340万部突破と報告あり

7巻:2015年12月22日発売

ちなみにアニメの放送期間が2014年7月~9月です。アニメ化発表は2014年3月です。放送が開始されるまで僅か4ヶ月と結構早いです。

アニメ化される以前とその後では明らかにコミック発行部数が違います!

円盤も売れコミックも売れて2期の可能性は非常に高くなりました。

次に「スクエニ」系列に連載の作品でアニメ化し尚且つ円盤が売れた作品を見ていきましょう。

アニメ化した作品は数多いですが円盤が売れた作品は少ないです、ボーダーラインは5000枚とします。アニメ☛コミカライズは除外。2007年以降の作品のみとします。

2007年

バンブーブレード:各5000枚前後

DARKER THAN BLACK:各6000枚前後☛2期放送

ぱにぽに:各7000枚前後

2008年

セキレイ:各7000枚前後☛2期放送

黒執事:各11000枚前後☛2期放送

2009年

咲-Saki-:各6000枚前後☛2期放送

2010年

WORKING!!:各12500枚前後☛2期放送

2014年

ばらかもん:平均6000枚

ご覧のとおり5000枚を超えると続編の可能性が増します!

「スクエニ」系列のアニメ化作品はもっとありますが殆どが各平均5000枚を下回っています、そして爆死が多いです。というか1000枚いってないのが結構ありました

5000枚を超えることがどれだけ難しいかわかりますね。殆どが売れても2、3000枚どまりです。

「ガンガン」でも飛び抜けているのが「鋼の錬金術師」です、各巻20000~30000枚売れています。化け物級ですw

まぁ売れなくても続編が製作されたアニメも沢山あります。

荒川アンダー ザ ブリッジ:各1500枚前後☛2期放送

夏のあらし!:各1000以下か不明☛2期放送

以上のことから「スクエニ」系列の中でも飛び抜けて優秀な「月刊少女野崎くん」は2期の可能性が高いことが分かりました。

作者である椿いづみ先生は女性で元々少女漫画を描いていた方なので女性からの指示が多いと思います。現在も「俺様ティーチャー」が連載中です。

男性より女性ユーザーが多いのではないでしょうか?女性向けのアニメは男性向けのアニメの円盤なんて比じゃないくらい売れますw

スポンサーリンク

2期の放送日はいつ?

1期のアニメ化の発表が2014年3月22日にありアニメの放送が2014年7月に開始しました。

発表の翌日に続々とキャストや放送日の情報が公開されたことから、アニメの大部分の制作が既に完了していることが分かります。かなり以前から制作していたと思います。

大体はアニメ化発表後の日から計算して放送が始まるのは、早くて半年位ですので仮に2016年6月頃に2期決定の発表があるとすると2017年1月に放送ということです。

アニメの放送は原作の順番通りに放送されていません、各巻から寄せ集めて1話分を作っている感じです。

大体アニメになったのはコミックで3巻半くらいです。

アニメ1話:コミック1巻と5巻から

アニメ2話、3話:1巻から

アニメ4話:1巻と3巻から

アニメ5話:1巻と2巻から

アニメ6話、7話:2巻

アニメ8話:2巻、3巻、4巻

アニメ9話:2巻と3巻

アニメ10話:3巻

アニメ11話:3巻と4巻

アニメ12話:1巻、3巻、4巻、5巻

まだアニメでやっていないのが3巻収録分がちょっとと4巻が半分位あります。

現在7巻まで発売していて6巻と7巻は全くアニメでは放送されていません。3巻と4巻を合わせて1クール分はある事になります。

つまり原作のストックはギリギリ大丈夫な感じです。

尚、「月刊少女野崎くん」8巻は2016年8月22日発売です、限定版。ちなみに通常盤の予約はまだありませんw

「月刊少女野崎くん」のBOXが発売!2期決定!?

去年の12月にBOXが発売されると発表があり2期決定と騒がれました。

というのも普通BOXが発売される時期は続編の放送が開始される直前が一般的です。

続編がないアニメでも個々の円盤後期間を明けてから発売します。つい最近全巻揃えたばかりなのにBOX買う意味ねーわという人が多いからです。それにまだアニメの内容を覚えていて別にイラネーとかです。

これはもしかしてもしかするかも!?

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額607円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直607円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額607円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスはまる一月無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月607円(税込み)はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

料金が高い理由は、他の動画配信サービスと一味違って漫画や雑誌も読み放題な所がポイントです!

漫画読んで飽きたらアニメ⇒ドラマ・映画⇒雑誌⇒漫画⇒アニメ⇒ミュージック、バラエティ⇒ムフフなアレといくら遊ぶ自由な時間があっても足りないですw

例えるなら漫画喫茶・ネットカフェが自宅で楽しめる感覚満喫と違い時間も料金も気にすることなく遊びつくせます

周りを気にすることなく、うるさい音を立てお菓子を食べながらアニメ鑑賞とか最高ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする