鳥山明先生の現在の年収はいくら?自宅兼事務所の住所はどこ!?

日本では国民的大人気漫画・アニメ「ドラゴンボール」(以下DB)ですが海外でも「DB」のファンは多く未だに圧倒的な支持を得ています。

DBに登場するスーパーサイヤ人はその特徴から様々な漫画やアニメのネタにされる事が度々あり、漫画の連載が終わった現在でも人気が色褪せることはありません。

アニメの方はどうかというと正直微妙なところですw「超」は鳥山先生が原作を考えているということで期待していましたがやっぱり「DB」です、昔から「ジャンプ」系のアニメは引き伸ばしが多くて本当に嫌になります。

皆さんが一番気になるのがやはりお金のこと年収だと思いますが、鳥山先生がまだ「DB」を「ジャンプ」で連載していた頃つまり全盛期では約10億~20億と言われています。

個人の所得額が高額になってくると節税対策としてプロダクション(制作会社)を考え始め、アシスタントの皆さんもその会社所属になります。

鳥山先生の場合は自宅兼事務所が「バードスタジオ」というところで有名ですが他にも複数のマイホームを所有しているとの噂もあります。

2006年に「高額納税者公示制度」が廃止されたので正確な鳥山先生の現在の収入は分かりませんが、2005年までの「バードスタジオ」の申告所得は

1987年:4億2900万
1988年:3億9000万
1989年:3億7900万
1990年:9億1100万
1991年:6億5400万
1992年:5億6600万
1993年:7億6400万
1994年:5億700万
1995年:11億400万 ☚「DB」連載終了
1996年:6億6000万
1997年:3億9400万
1998年:8億2800万
1999年:2億5900万 
2000年:3億8300万 
2001年:5億7900万 
2002年:6億1700万 
2003年:16億500万 
2004年:14億8000万 
2005年:9億5600万

ご覧の通りで漫画の連載が終わってもアニメが細々と続いていました。

申告所得=鳥山先生の年収と思って下さい。「DB」に関係する収入は「バードスタジオ」に全て来るようになっています、それがプロダクションです。

ゲームや映画その他グッズなどの売り上げで申告所得は毎年億を超えています、恐るべし!毎年の年商は30億前後だそうです。

2003年と2004年が特に凄いですねー。

2013年から「DB」の劇場版や正式な続編のアニメ化など活発化してきています。

おそらく2015年の申告所得は10億は確実だと私は思っています。

それと何か2006年の漫画家の会社所得ランキングなるもので、「バードスタジオ」が2140億8300万円となっていますが情報源が何処か分かっていません。

他のプロダクションが5億前後なのに対して「バードスタジオ」は2140億とかおかしすぎですw

2005年まで年商が30億なのに2006年からいきなり所得が2140億はありえません。情報源がハッキリしない以上信じないほうがいいです。

スポンサーリンク

鳥山先生の自宅

先程も述べましたが「バードスタジオ」が自宅兼事務所です。

地元でも有名で鳥山先生が犬の散歩をしている姿を付近でよく目撃されています。

住所は愛知県清須市です「名古屋西法人会」にも記述があります(ページ下)

清洲城を背に清洲橋へ向かいます、今はどうか分かりませんが天ざるなどの旗があるところを入っていくと住宅街になります、そこを少しいった所になります。

運が良いと鳥山先生に会えるかもしれませんw

バードスタジオ
この近くは駐車場となっています。おそらく「バードスタジオ」のスタッフさんが駐車していると思います。

裏側
バードスタジオ2

Googleストリートビューで見れます。

都市伝説

鳥山先生の自宅から名古屋空港までの直通道路を建設したというのは嘘です。

まぁ都市伝説ですからね、事の発端は鳥山先生が愛知県から東京に引っ越そうと考えていた時に県としては貴重な高額納税者を失いたくないための手段と噂されましたが

俗に「鳥山ロード」と言われていますが実際にはそのような道路は存在しません。

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額993円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直993円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額993円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスは2週間無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月993円はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする