スラムダンクの名言を独自にランキング!名シーンや各キャラの口癖も

漫画「SLAM DUNK(スラムダンク)」の人気は凄まじく連載が終わった今でも不動の地位を築いています。

漫画の連載が始まったのが1990年、アニメの放送が始まったのが1993年です。

私個人の感想としてはアニメより漫画のほうが断然面白いと思っています。

その理由として

漫画の「スラムダンク」(以後スラダン)では静と動の動き雰囲気、世界、空気などが絶妙なバランスで描かれています

セリフがなくても息を殺して見入ってしまう程の魅力を秘めていて、アニメでそれを表現するのは難しいと思っています。

漫画の世界だからこそ出せる味わいとも言うべきものです。

まさに井上雄彦ワールドですね。

「スラダン」を読んだ事がない人でも「バガボンド」は読んだ事があるという人は多いのではないでしょうか?

「バガボンド」でも似た感じの表現が使われています。

「スラダン」が結構昔の作品なので知らない人もいると思います。

発行部数では「スラダン」の方が「バガボンド」の倍以上売れています、売上を見ても上位を占めるのは過去の漫画ばかりです。

巻数が多いから当然といえばそれまでですが面白くなければ売れないのが漫画です。

昔の漫画には今の漫画にも引けを取らない、むしろ優っている名作が多いです。

「スラダン」をまだ一度も読んだ事がないという人は読んでみてください、その魅力に引き込まれます。

スポンサーリンク

スラムダンクの名言

今回のランキングは心に響くとか感動するとかは人それぞれなので、今回はそういうのではなくて。

単純に多くの人が知っているであろう名言を選びました。

というのも「スラダン」を読んだことがある人とない人では捉え方が違う(意味がわからない)と思ったからです。

「スラダン」の名言は良くも悪くも他の漫画やアニメで”ネタ”として使われることが多いので、その観点から選んだと思ってください。

1位:「あきらめたら そこで試合終了ですよ・・・?」
安西先生

これしかないでしょう!何かに挑戦しているときバスケやスポーツ関係なくどんな場面でも使える言葉です。

2位:「まだあわてるような時間じゃない」
仙道
パニックに陥っている時によく使われる言葉です。漫画やアニメでよく使われます。

3位:「左手はそえるだけ・・・」
花道
このセリフは「スラダン」の中でも何度も使われてきた言葉です。バスケでもよく使われている言葉?だそうです。

4位:「バスケがしたいです・・・」
三井
〇〇〇がしたいです・・・、などのシーンにネタとして使われます。

5位:「なぜオレは あんなムダな時間を・・・」
三井2
深い深いですね~。

6位:「まるで成長していない・・・」
安西先生パート2
そのままですwこのネタも様々なシーンで使われています。

7位:「断固たる決意」
安西先生3
こちらも「スラダン」で頻繁に使われます、何かに迷っている場面に用いられます。

8位:「それでも仙道なら…仙道ならきっとなんとかしてくれる・・・」
仙道2
「それでも〇〇なら・・・〇〇ならきっと何とかしてくれる・・・」〇には名前が入ります、絶体絶命の絶望的な状況で用いられます。

9位:「お前のためにチームがあるんじゃねぇ。チームの為にお前がいるんだ!!」
安西先生4
ホワイトヘアードデビル(白髪鬼)時代の安西先生の一言です。これはゲームにおけるチームプレイ時によく用いられます、その他漫画やアニメでも。

9位:「ディフェンスに定評のある池上」
071117_0033~0001
「〇〇に定評のある△△」という風に用いられます。

「スラダン」が連載される以前からオタクジャンル問わず使われていましたが、「スラダン」で「ディフェンスに定評のある池上」が使われて以降ネタとしてよく用いられます。

10位:「精神が肉体を」超える、または凌駕する
安西5
有名なのは赤木の足首の捻挫ですが、「スラダン」ではちょくちょく登場する表現ですが「スラダン」に限らず結構使われる言葉だと思います。

最後に

以上でこの記事を終わらせていただきますが、「スラダン」に登場するキャラの口癖を少しだけ紹介。

有名なのがこの人

相田彦一
彦一
「要チェックや」、「アンビリーバブルや」。姉の相田弥生は「要チェックやわ」。

イケメンでエースで無口と言えば

流川楓
流川
「どあほう」

ミスを連発してばかりの主人公だが自分は天才だと思っている、が実は本当に天才だったりするw

桜木花道
桜木
「天才」

名監督の安西光義
安西6
「おや」、「ほっほっほ」

ゴリこと赤木剛憲
ゴリ
桜木に対しては「バカたれ」、「バカもん」が多い。「ウホッ」、「フンガ」などゴリラ的表現が多い設定ですw

熱いオトコ三井寿
ミッチー
「誰にいってんだ」、「誰に向かっていってんだ」など自分に対して「燃える」という言葉も頻繁に使っています。

切り込み隊長・宮城リョータ
リョーちん
「No.1ガード」とか。

他にも名言や口癖は多数ありますが今回はほんの一部を紹介しました。

私個人的には「スラダン」の中で一番気に入ってるシーンがこれ
魚住
初めてこのシーンを見た時には「( ゚д゚)え!?」と思いましたw

大事な試合中に何やってんだよとw

完結した「スラダン」ですが井上先生には是非その後の続編を書いて欲しいですね、続きが読みたいと時々思う今日この頃です。

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額607円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直607円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額607円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスはまる一月無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月607円(税込み)はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

料金が高い理由は、他の動画配信サービスと一味違って漫画や雑誌も読み放題な所がポイントです!

漫画読んで飽きたらアニメ⇒ドラマ・映画⇒雑誌⇒漫画⇒アニメ⇒ミュージック、バラエティ⇒ムフフなアレといくら遊ぶ自由な時間があっても足りないですw

例えるなら漫画喫茶・ネットカフェが自宅で楽しめる感覚満喫と違い時間も料金も気にすることなく遊びつくせます

周りを気にすることなく、うるさい音を立てお菓子を食べながらアニメ鑑賞とか最高ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする