ヲタクに恋は難しいの3巻の発売日はいつ?アニメ化はあるのか

2016年3月31日に「ヲタクに恋は難しい」(以下ヲタ恋)の2巻が発売しましたが、2巻が発売する少し前に1巻のみで累計100万部突破しています。

雑誌に掲載されているわけではなく、SNSで知られるpixivに連載(投稿)という形で載っています。

「ヲタ恋」は基本的に毎月第三金曜日に更新されます、作者のふじた先生のTwitterにも書かれています。

現在はコミックの発売の関係でweb上で無料で読めるのは過去の作品のほんの僅かです。

コミックを買いなさいという事ですね。

更新が毎月第三金曜日なので月1ということになります。

ではここから3巻の発売日を予想していきます。

スポンサーリンク

「ヲタクに恋は難しい」の3巻の発売日はいつ?

発売中のコミック1巻2巻を参考にしていきます。

月1の掲載なので1年で12回という事になります。

コミック1冊に収録される話数はというと

1巻:1話、2話、3話、4話、5話+番外編

2巻:6話、7話、8話、9話、10話、11話、12話、13話+番外編

番外編は各話の間に収録されているショートストーリーです。

1、2巻とも120ページ強と一般のコミックに比べて若干少ないです。

値段もやや高め、しかし売れています。

1話におけるページ数もまちまちなので「ヲタ恋」においてのコミックの収録話数は決まっていない模様。

1巻、2巻ともコミックの発売に合わせて書き下ろしの作品が40~50ページほど収録されています。

つまりページ数もバラバラで書き下ろしもあるので予測は難しいという事ですw

1巻:2015年4月30日

2巻:2016年3月31日

アテにはなりませんが、2巻が発売したのが1巻発売後から11ヶ月後です。

3巻は2017年2月?かな、発売したらいいな~。

3巻からは2巻の続きからという事でデートの話題からになりますね、オタク同士の恋人が行くデートとの場所といえば・・・。

ふじた先生

作風からも分かるように女性の方だと思います。

漫画も少女漫画に近い感じなのか、萌えを期待する男性諸君には不評のようです。

むしろ女性の読者が多くてそっちの評価が高いらしいです、オタクとして共感できるものがあるのでしょうw

WEB投稿☛コミック化☛アニメ化しかないでしょう!

原作のストックが溜まり次第(4巻くらい?)にアニメ化するのではないでしょうか!?

女性にウケているのでグッズ関係も売れるはずです、アニメ化の可能性は期待できます。

Twitterにもありますが埼玉にお住まいのようです。

コミック化が決定した時のふじた先生の様子が分かるのがこちら

2巻発売の時はサイン会もやったようです、どんな方なのでしょう?

2巻発売記念の特設ページ

一迅社の特設ページ

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額607円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直607円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額607円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスはまる一月無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月607円(税込み)はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

料金が高い理由は、他の動画配信サービスと一味違って漫画や雑誌も読み放題な所がポイントです!

漫画読んで飽きたらアニメ⇒ドラマ・映画⇒雑誌⇒漫画⇒アニメ⇒ミュージック、バラエティ⇒ムフフなアレといくら遊ぶ自由な時間があっても足りないですw

例えるなら漫画喫茶・ネットカフェが自宅で楽しめる感覚満喫と違い時間も料金も気にすることなく遊びつくせます

周りを気にすることなく、うるさい音を立てお菓子を食べながらアニメ鑑賞とか最高ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする