矢沢あい先生の現在の近況まとめ!復帰はいつ頃になる?

少女漫画「NANA」作者で漫画家の矢沢あい先生は連載中に急病になり現在も「NANA」は休載中です。

矢沢先生の休載後の活動状況をまとめてみました

病名は明かされていませんので詳しい事は分かりませんが記事の下の方に私が調べて分かる範囲での事を書きましたので参考までに見てください。

休載後少しづつですが矢沢先生の近況の活動が増えてきている感じがします。

「Cookie」読者の人は周知のことと思いますが以下まとめました。

「NANA」情報や矢沢先生の活動が分かるのがココ☛「NANA online

スポンサーリンク

矢沢あい先生の現在の近況まとめ!

・少女漫画雑誌「Cookie」で連載中の「NANA」2009年6月29日から長期休載に入ります。

・2010年11月11日発売シングルCD「lonely girl」の作詞を担当、アーティスト”TETSUYA(テツヤ)”さん楽曲。

ただこの作詞は「NANA」の長期休載前に書いたそうです。

・2010年11月26日発売「Cookie」付属のクリスマスカードの書き下ろしイラスト。

ここから2013年までには特に目立った活動がありませんでした、治療に専念していたと思います。

・2013年1月26日発売「Cookie」で3年半ぶりとなる漫画が掲載(ショートストーリー)。

タイトルは「淳子の部屋」でコミック「NANA」にも収録されているおまけの漫画です。

同誌のコーナーで「ヤザワアイランド」という矢沢先生の情報が書いてあるページがあるのですが今回で100回目を迎えたということで「淳子の部屋」が掲載される形になりました。

掲載は隔月で1月26日の3月号を始めに、5、7、9と続きました。

しかし、2014年5月発売の7月号で「ヤザワアイランド」と「淳子の部屋」が最終回を迎えます

・2013年2月6日発売の小説「下弦の月」の表紙と中の書き下ろしイラスト。

・2013年5月25発売「Cookie」のプレゼントの書き下ろしサイン色紙。

・2013年6月15日発売の雑誌「季刊 S」の特集「メイキング・スペシャル画材百科」に参加。

・2013年10月1日発売の女性誌「ROLA」で「ご近所物語」に対してのコメント記事。

・2013年11月26日発売「Cookie」付属のポストカードの書き下ろしイラスト。

・2014年1月10日発売の小説「Paradise Kiss」の表紙イラストの書き下ろし、全4巻。

・2014年5月26日発売「Cookie」のプレゼントのサイン色紙。

・2015年1月26日発売「Cookie」付属のメモパッドの内3種類のイラストを書き下ろし。

・2015年3月3日発売少女漫画雑誌「りぼん」付属のポストカード書き下ろし&インタビュー記事掲載。

・2015年3月26日発売「Cookie」付属のマスクケースの書き下ろしイラスト。

・2015年4月3日発売の「りぼん」付属のポストカード書き下ろしイラスト。

・2015年5月26日発売「Cookie」で15周年記念のプレゼントとして矢沢先生のサイン色紙。

・2015年7月26日発売「Cookie」付属の便箋の書き下ろしイラスト

・2015年8月11日発売、女性ファッション誌「BAILA」に付属の「一生“りぼんっ子”宣言!」でのインタビュー。

・2015年9月26日発売「Cookie」付属のクリアファイルのイラスト書き下ろし。

・2015年11月26日発売「Cookie」付属しているカレンダーの書き下ろしイラスト。

・2016年3月16日発売の本「タイムスリップ 東映アニメーション80s~90s GIRLS」にインタビュー記事が掲載。

・2016年5月26日発売「Cookie」で16周年記念のプレゼントとして矢沢先生のサイン色紙。

・2016年8月1日発売、女性誌「ROLA」で「バイブルは矢沢あい」のタイトルで特集が組まれ、先生の過去の作品やメールでのインタビューも掲載されています。

復帰はいつ頃になる?

もう復帰しているといえば復帰していますねw

ただ「NANA」の連載が止まったままなので漫画を描くまでには体調が良くないのだと思います。

2011年6月の「Paradise Kiss」の実写映画化、各漫画の文庫化と矢沢先生は色々関わりがあります、漫画を描く以外の仕事などが実は忙しいのかもしれません。

大人気漫画家ですから漫画に疎い人でも矢沢先生の名前は一度は聞いたことがあるはずです。

2015年、2016年の活動状況から見てみるともうそろそろ復帰の兆しが見えます。

正確なことは言えませんがそろそろなのは皆さんも感じてるはず。

あれこれ病気がどうだの言われていますが調べればき矢沢先生が”今”元気に活動していることが分かります。

過去の取材に対してのコメントでも月日が経過するほど復帰の可能性が高くなるという事も言っています。

週刊誌での矢沢先生のインタビュー記事

休載に入ってから10ヶ月後の2010年5月に発売した某週刊誌の記事です。

病院から自宅へ戻ってきたところを直撃取材したようです。

つまりこの時には既に退院はしていて通院のみという形ですね、体も満足に動かせない重い病気なら入院しています

当時の記者への矢沢先生の回答

「いろいろ言われているみたいですけど、だいぶよくなってきているんですよ。漫画を描くのは体が資本なので、今はとにかく体がよくなることだけに専念しようと心に決めて、治療に励んでいます」

「決して治らない病気にかかっているわけではないんです」

「『気長に治療をすれば、少しずつ回復していく』と、医者の先生もおっしゃってくださる」

くどいようですが何度も言いますけど重い病気なら本当に入院していますからね。

普通に自宅に帰っていること、病院へ通院していることから体に不自由が無い事がハッキリと分かります。

「NANA」のコミック発売がもう大分昔なので忘れている人も多いと思いますが、矢沢先生のコメントで病気についての事が書かれています

17巻
%ef%bc%91%ef%bc%97%e5%b7%bb

18巻
%ef%bc%91%ef%bc%98%e5%b7%bb

この時に初めて手術をしたこと、入院したこと、禁煙したことが書かれています。

19巻
%ef%bc%91%ef%bc%99%e5%b7%bb

長期休載に入ったのが2009年6月、コミック17巻が2007年3月、18巻が2007年9月、19巻が2008年5月に発売しています。

19巻のコメントにもあるようにコミックの発売が遅れた理由が書かれています。

この事から分かるのは、まず禁煙ということで少なからずタバコの影響がある病気、2007年初夏頃には手術をして入院をしていた。

回復したと思いきや無理が祟って再び入院そして少しの休載後に復帰するも体調が悪く長期休載へ。

長期休載に入る前は入退院を繰り返していますが漫画の掲載は続けています、漫画が描けて無理をしている事から重い病気ではないことが分かります

しかし無理をしたので悪化したということです。

病気とオサラバする為にも本格的に治療に専念するために休載に入った事が容易に想像できます。

時間がかかる病気のようなので気長に待つしかないですね。

矢沢先生へ励ましのメールなど送って陰ながら応援するのも良い薬になると思います。

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額993円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直993円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額993円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスは2週間無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月993円はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする