まほあくが打ち切りに!完結編は?最終巻(3巻)の発売日はいつか?

「かつて魔法少女と悪は敵対していた。」の打ち切りが決まりました

「かつて魔法少女と悪は敵対していた。(まほあく)」を描いていた、藤原ここあ先生が2015年3月31日(僅か31歳の若さ、女性です)に死去しました。

この度、月刊ガンガンJOKERの公式で報告がありました。

取材陣に対しては、死因は病死と報告がされています。

どうして亡くなったのか真相は分かりませんが、お悔やみを申し上げます。

初めて、この訃報を知ったときは唖然としました。

えっ、嘘でしょ!?と疑いました。

それもそのはず、藤原先生は27日までTwitterを更新していました。

Twitterでは引越しや、実家から撮られた夜景の画像が投稿されています。

推測ですが藤原先生は入院していて、亡くなる時は実家で過ごしたいと思ったのではないでしょうか?

こことももう、明後日でお別れです。」が何とも言えない・・・。

藤原先生は最後の最後までファンの事を思っていたのでしょうね、何となく伝わってきます。

あれです、テンションガタ落ちです。

藤原先生はアニメ化もした「妖狐×僕SS」でも知られています。

スポンサーリンク

最終巻(3巻)の発売日はいつか?

「まほあく」は2月25日にドラマCDも発売されています、アニメ化の噂もちらほらあったのに残念です。

当然ながら「まほあく」の完結編はありません、未完で終わりです。

公式でも

2015年3月20日に発売いたしました4月号掲載分にて、最終回とさせて頂きます。

となっています。また

単行本に未掲載分の刊行等、今後に関しては、決まり次第改めてガンガンJOKER本誌、並びに公式HPにて告知いたします。

となっています。

「まほあく」のコミックは去年の7月22日に1巻が、12月22日に2巻が発売されています。

最終巻(3巻)の発売日は6月前後に発売かな~と思っていましたけど、今回の訃報は例外ですから何とも言えません。

私個人的には発売が早まるのでは!?と見ています。

藤原先生やファンの事を思うのであれば、編集者の方には頑張ってほしいです。

そしてアニメ化もして下さい、藤原先生も喜ぶと思います。

藤原先生は31歳という若さで亡くなられました、人生はこれからだったと思います、したい事が沢山あった事でしょう。

本当に残念で残念で仕方がありません。

心からお悔やみを申し上げます。

スポンサーリンク

アニメや映画、雑誌までが好きなだけ見れるサービス

月額607円でアニメや映画、ドラマ、バラエティから大人向けのちょっとアレなのまでが、スマホ、PC、タブレット、TVで好きな時間に好きなだけ見れるサービスがあるのですが、その中でも特にアニメのラインナップが非常に充実しています!

現在深夜放送中のTVアニメは全種類あり、ドラマや映画も「デスノート」や「寄生獣」をはじめとした漫画から実写化した作品も沢山あります。勿論洋画も名作から今が旬の話題作まで揃っています。

他にも韓流ドラマ、海外ドラマも豊富にあります。

配信している量が膨大ですので飽きる事は無いというか短期間で全部見ることは難しいですw正直607円で十分に元は取れます。

学生は電車や休み時間にでもスマホで視聴して時間潰せますし、社会人は昼休憩や帰宅後または休日に家でのんびり過ごしたい時なんかはもってこいだと思います。

内容が充実しているので月額607円でとても安いと思いますが、高いと思う方もいるはず!そんな方には無料トライアルがおすすめです!

このサービスはまる一月無料で既存のサービスを利用できます、サービスの内容が本当に良いかは実際に自身で体験したほうが納得できるかと思います。また解約は無料期間中でも出来ますのでお試し期間中に月607円(税込み)はちょっと高いかな~と感じたら解約するのもアリです。

アニメ、映画、ドラマをレンタルで貸し出している物はほぼ見れます。借りに行くのが面倒とか物が貸し出し中で見れない時は重宝すると思います。
無料お試しはこちら

男性諸君には嬉しい大人向けのサービスが見たい人はこちら

本当に膨大な量の大人向けの動画があります、ただ月額が1990円とやや高めですが無料お試し期間が1ヶ月と長いです。

料金が高い理由は、他の動画配信サービスと一味違って漫画や雑誌も読み放題な所がポイントです!

漫画読んで飽きたらアニメ⇒ドラマ・映画⇒雑誌⇒漫画⇒アニメ⇒ミュージック、バラエティ⇒ムフフなアレといくら遊ぶ自由な時間があっても足りないですw

例えるなら漫画喫茶・ネットカフェが自宅で楽しめる感覚満喫と違い時間も料金も気にすることなく遊びつくせます

周りを気にすることなく、うるさい音を立てお菓子を食べながらアニメ鑑賞とか最高ですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする